FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

不機嫌な弾丸~ブレット

2007.11.29(22:58)
年末年始にエマ吉とともに一時帰国するため、コタロウは2週間お留守番する予定である。その滞在先はエマ吉のすぐ下の妹夫婦宅と決まったのだが、そこには先住犬がいる。その名はブレット、英語で「弾丸」という意味である。どうやらものすごい速さで走り回る事から名付けられたらしい。

このブレット、犬嫌いで他の犬を見ると唸ったり吠えたりするらしい。

なぜそんな所にわざわざ預けるのかと言われたら、単に楽観的なエマ吉が「ブレットとコタロウを何度か会わせたらなんとかなるだろう」という根拠のない考えからである。

元々この妹が結婚するまで実家でブレットを飼っていて、エマ吉も世話をしていたため、ブレットに対してもかなりの愛情を持っているのだ。

そんなエマ吉がしつこく妹に「コタロウがブレットと会えるのはいつだ?」と言っていて、やっと妹夫婦の時間が取れたので、彼らの家の近くにある犬が集まる公園に行くことになった。

行く途中、アンザックブリッジを渡る。シドニーと言えばハーバーブリッジが有名だが、このアンザックブリッジもなかなか地元民には人気のある橋である。日本では数年前の日産のCMでこの橋を渡っている車の中で子供がこの橋を見上げるというシーンがあった。
アンザックブリッジ

ほどなく公園に着き、コタロウは早速自由の身に。
コタロウ、リリースします。

いつものように色んな犬や人に挨拶に回る。
口元が緩い状態が続くコタさん。

これがブレット。ブロークンコートのジャックラッセルテリアで御年9歳のナイスミドル(死語)である。ブレットはリードを外すとテリアという猟犬の血が騒ぐらしく、そのまま戻ってこないという前科が何度かあったため(一日中広い公園を探しまわったらしい)、いつもリードをつけた状態だという。
愛嬌ある顔してますが…。

コタロウは例外なくブレットにも挨拶に行ったのだが、犬嫌いで人間の年で言うと52歳くらいのブレットとまだ礼儀を知らない7ヶ月半(人間の年で11歳くらい?)のコタロウが仲良く出来るのだろうかと観察していたのだが…。
ピキッ。

エマ吉がブレットにコタロウのスクィーキーをあげてご機嫌に遊んでいるところに、コタロウがふらふらっと遊びに加わったのがまずかった。
ピキピキッ。

キャイイーンキャイイーン!という悲鳴を聞いて振り返ると、「ワシが遊んでるんじゃ、若造がぁ!!」と言ったか言わなかったかは定かではないが、どうやらブレットがコタロウの鼻っ面に噛みついたらしい。

流血しているようにも見えなかったので、一行は先を進む。
デヘヘ、怒られてしまいました。

走るカメレオン?

ご機嫌を取り戻したブレット。

公園では日曜日ということもあって犬の集団トレーニングが何組かあり、様々な種類の犬を見かけた。その中でも本物のバセット・ハウンドを見かけて感激。意外とデカイ。
悠然と歩きまわるバセット・ハウンド。

オーストラリアでよく見かける犬種は、ジャックラッセルテリアやフォックステリア、プードル、スタッフォード・シャー・ブルテリア、オーストラリアン・キャトルドッグ、ボーダーコリーなどなど。

結構色んな種類の犬を見かけるのだが、いまだにコタロウ以外のコーギーに街中で会った事がない。一度だけ、まだコタロウを飼うずっと前にビーチにいるコーギーを遠くで見ただけである。なのでコーギーを飼いたいと思ってわざわざドッグショーに行った時、わんさかいるコーギーに小躍りしてしまった。コーギーのブリーダーが多いのはQLD州やSA州で、基本的に保守的な人が多い=英国女王万歳という構図が出来上がっているのかもしれない。NSW州は一番リベラルなのでコーギーがいないのかな、と勝手に思ったり。

ディンゴは動物園でしか見た事がないので、多分普通では見られないのだろう。ダーリングハーバーで行われた日本の祭りで柴犬を連れている人を見かけた時は驚いた。

再び接近を試みるコタロウだったが、スタスタスタと無関心のブレットに諦めたコタロウは…
再度取り入ろうとしますが…。

おとなしくブレットおじさんと距離を取るのであった。
距離を保った方がいいと悟った若造(涙)。

諦めないエマ吉はもっと二匹を会わせるんだ!と言いつつも、最悪実家に預ける事も考え始めるのであった…

家に帰ってからコタロウの口元を見ると2か所赤くなっていて、日が経つにつれてかさぶたになっていた。やっぱりガブリとやられてたみたい。
スポンサーサイト

衝(笑)撃の顔写真

2007.11.21(16:44)
コタロウは一眼レフを向けるとすぐに寄ってくるので、折角面白い格好や顔をしていてもシャッターチャンスを逃してしまう。でもたまに飼い主の意図を察してか、おとなしく写真を撮らせてくれる時がある。

↓はソファでくつろいでいる満面の笑みのコタさん。
普段はこんな笑顔のコタロウも…

最初の頃ソファに上がるのを禁止していたのだが、いつものことながら、コタロウに甘いエマ吉は"Up you come!"(上がっておいで)というコマンドを発案してコタロウをソファに上げるようになった。

そんな笑顔を振りまくコタロウがとんでもなく悪人顔になったのは豚の耳スティックをあげた直後だった。
やっぱり豚の耳はうまいよのう!

あの笑顔はどこに行ってしまったのか。犬用ソファが気に食わないのか。人間用ソファに座っていた時は猫をかぶっていたのか。ふてぶてしい雰囲気を醸し出した腹黒い悪代官のようである。

そして豚耳スティックを早々に喰い尽したコタロウはまたもや人間用ソファに戻り、不敵な笑みを浮かべるのであった。
満足しました。

コタロウのお気に入り~おもちゃ編

2007.11.18(17:47)
コタロウがまだ小さい時、近くのペットショップで買ったぬいぐるみがこれ↓その名もフロッギー。
この頃はまだ目玉がありました。

他にも紫色の象とかもあったが、飼い主の私がカエル好きだったので即決。買った時気付かなかったのだが、胸のあたりにキュイーキーと鳴る笛が入っていて、コタロウはそれを気に行ったらしく、暇になったりするとフロッギーをくわえてキュイーキー、キュイーキーと鳴らしてそれを見せびらかしにくる。
首根っこくわえてます。

コタロウの唾液まみれのフロッギー

噛み噛みするのが楽しいのもあって、あちこちほころびてきて中身が出てくる。ほおっておくと中身を出して遊ぶので、裁方が得意でない私は黒やら白の木綿糸でチクチク縫う。
手からパンヤがはみ出てます。

気がつくと片目の山が無くなっていました(涙)。
もうくたびれました…。

こんなにくたびれてもコタロウはフロッギーと遊ぶのが(いたぶるのが?)大好きらしく、写真を撮っている間もなんとかしてフロッギーを奪おうと邪魔をする。
お役御免というわけにはいかないようです。

そんな中、新たなお気に入りが出現↓散歩で遊ぶために買ったもので、これも笛が内蔵されている。
小悪魔スクィーキー

これがまさか散歩で絶大な威力を発揮するとは予想していなかったのだが、散歩中にリードなしの所で遊ばせていて、どこか遠くに行こうとしてもこれをキューキュー鳴らすだけで、人(犬)が変わったように飛んでくる。本当は「コーターロー!」と呼んで来れば一番かっこいいのだが、フラフラ芝生の臭いをかいだり他の犬と遊んでいたら結構無視される場合が多い。それがこのスクィーキーを鳴らすだけで、こんなに簡単にやってくるとは…。たまに別の犬もおまけでついてきて飛びつかれ、そのままスクィーキーを拉致していかれる時もあり、コタロウがスクィーキーをくわえたままどっかに行かれると呼ぶ手段がなくなるので(地道にコタロウの名を呼ぶか立ち去るフリをすると来るけど)要注意なのだが、このスクィーキーのお陰で安心してリードなしで遊ばせる事が出来るようになった。

スタッフィーとマッチョマン

2007.11.13(22:02)
どうやらコタロウはスタッフィーとマッチョマンにモテるようだ。

今日は近くの公園に行ったらまたスタッフィーに出会った。一瞬ペギーかと思ったのだが、そうではなさそうだ。その前にプードルとコッカースパニエルのMix犬と挨拶したのだが、フレンドリーな飼い主カップルと違ってシャイなようで、近づいては逃げ、近づいては逃げる。

コタロウはプードル犬がお好きなようで、よく遊ぼうとするのだが相手に嫌われるか振られる場合が多い。

そうこうしているうちに別の方向からさっきのスタッフィーが近付いてきたのだ。ウヘッウヘッと笑いながら(?)まず私に近付いて来たかと思いきや、コタロウを見るやゴングが容赦なく鳴ったようであった。

グルグル追いかけっこしてるかと思えば、取っ組み合いのプロレスに突入。ひっくり返したりひっくり返されたり、だんだんムキになって首根っこをくわえたり。コタロウも最初の頃はエネルギー発散できるわ、と大喜びだったのが、だんだんスタッフィーのスタミナに押され気味でヘトヘトに。スタッフィーはしつこく遊びたいようだったが、この辺で退散することにした。

リードをつけようと首元を見たら、赤い色がコタロウの首元にうっすらついてあったので、「怪我した!?」とひやっとしたが、どうやら相手方の歯茎から出血したのがついたらしい。そ、そんなにムキなって遊ばなくても…。

その後、スーパーマーケットに食料品を買いに行く用事があったので、エマ吉はスーパーに、私はコタロウと入口で待つことにした。

セキュリティのおじさんが犬好きなのか、ニコニコしながら寄ってくる。かと思ったら、若いカップルが前を通ったかと思いきや、男性の方がコタロウ目がけてやってきた。そのマッチョな彼は「ハロ~、コーギ~♪ちょっとこの笑顔見てみろよ~」(ちょっとオクターブ高めで発音して下さい)と言いながらずーっとコタロウをなでまわす。彼はハンバーガーセットの入った紙袋を持っているので、コタロウが飛びつくのをヒヤヒヤしながら私はコントロールしていたのだが、そんなの全く気にしない様子。隣にいたブロンドの彼女は「犬に出くわすたびにこれなのよ…」と呆れたようにつぶやく。

セキュリティのおじさんは嬉しそうに眺め、マッチョ君はしつこくしつこくなでまわす。彼女は「あー、もう早くしてよぉ」オーラを出し、私は苦笑い。マッチョ君はコタロウの名前をネームタグで探ると「コタロウかぁ~♪」と言うので「えぇ、日本の名前です。」と返す。やっと満足したのか、マッチョ君は「バイバイ、コタロウ~♪」と満面の笑みで彼女と去って行った。

コタロウがまだ3か月を過ぎた頃、予防接種が終わってまだ地面を歩かせる事が出来ないのでトートバッグに入れて週末のフリーマーケットに行った時、私はその場に居合わせなかったのだが、エマ吉がコタロウをトートバッグに入れて歩いていたら、バイキー(バイキー・ギャング)のオヤジがコタロウを見て、「おうおうおう、可愛いじゃねぇか~♪」とコタロウをこれまたしつこくなで回してたらしく、隣にいた彼女が呆れてたらしい。

いかつく強そうな面々に好かれるコタロウ、恐るべし。

マニアックなファンに捧げます。

イアンとペギー

2007.11.11(17:12)
イアンはイアン・ソープでも、ペギーはペギーでもペギー葉山でもない(すみません、どうしてもやってみたかった)。

先日よく行くムーアパークに行った時のこと。このムーアパークは普段はサッカーやクリケットをする人達で占領されているだだっ広い公園なのだが、夕方になると犬の遊び場になる。

もう日がほとんど暮れていたのでほとんど犬がいないと思っていたのだが、遠くから蛍光色のオレンジ色の物体が動いている。よく見ると犬がフリスビーをくわえて走り回っているのだ。

その少し後ろの小さな丘の上に男性が一人座っているので、たぶん彼が飼い主なのだろう。

リードで繋がれているコタロウは見つけるやいなや、その犬と遊びたくて仕方ないようだ。向こうも気づいたようで、フリスビーをくわえたままコタロウの方に走り寄って来た。オーストラリアでよく見るスタッフィー(スタッフォードシャー・ブルテリア)だ。コタロウとそれほど大きさは変わらないのだが、筋肉質でスタミナがある犬らしい。

お互い臭いをかいで大丈夫そうだったので、コタロウを放してやると2匹は大喜びで走り回る。

エマ吉と男性の方に近付いて行くと、40歳くらいで細身のその男性はとてもフレンドリーに話しかけてきた。最初、人見知りをする私は男性を観察していたが、そのうち彼の犬に対する愛情と理解に驚かされることになる。

どうやらあのスタッフィーは彼の前の隣人が飼っている犬で、隣人が引っ越してからもその犬―ペギーに会いに行っているらしい。隣人家族には小さな女の子が2人いて、なかなか大きな運動量を要するペギーの面倒を十分に見れないらしく、彼がペギーの散歩をしたり遊び相手になっていたらしい。

ペギーは2歳。人間で言うと23歳くらいのお姉ちゃんだ。コタロウが7か月ちょっとなので10歳くらいのこまっしゃくれたボウズといったところか。

ペギーはフリスビーが大好きらしく、それをくわえてコタロウに遊ぼうよ、と誘う。嬉しいコタロウはひたすら追いかける。

コーギーは小型犬~中型犬に属するので、コタロウが小さなテリアを見かけて遊びに行っても、大抵吠えられてしまう。意外とタフなコタロウと体力勝負で遊べるのは筋肉質なスタッフィーとかとにかく元気なジャックラッセルテリアなのだ。

男性―イアンはペギーはすごいんだよ~と言って様々な芸を見せてくれた。ペギーがボールをくわえたまま360度プロペラのようにブルンブルン振り回したり、彼の横で輪を両腕で作るとサーカスのライオンのようにその輪の中を飛んだり。

ペギーとコタロウが遊んでいてペギーが興奮して結構荒っぽく扱ったらすぐに「もっとゆったりと遊んであげなさい」と言うとすぐに言う事を聞く。

「僕は交通事故で足を怪我してしまって、一緒にペギーと走る事は出来ないけど、彼女はとってもいい子なんだ。隣の女の子達は、『なんだかイアンとペギーは恋人同士みたい』なんて言うけどね。」とイアンはニコニコしながら話す。

「ドッグフードだけでなく野菜や果物も与えるんだよ」と栄養管理にも余念がない。

犬を溺愛するのではなく、きちんと躾もして信頼を築いているイアンとペギーを見て、なんだかほのぼのすると共に犬と人間の関係のあり方について改めて考えさせられた。

今度いつ会えるか分からないけど、また会えたらいいな、と思う。イアン・ソープとペギー葉山に(しつこい)。

ブログ引っ越しました。

2007.11.09(14:18)
今まで使っていたコタロウ用のブログが恐ろしく使いづらかったので、引っ越しました。これも初めてなので、うまく使いこなせるか分かりませんが、とにかくやってみなければ始まらない(開き直り)。ということでよろしく。で、ご飯まだ?

下の写真は、コタロウがまだブリーダーの所でボビーと呼ばれていた頃の生後6週間目の写真。これを見て一目惚れしたのであります。
Bobby 6 weeks 01

Bobby 6 weeks 02

Bobby 6 weeks 03
| ホームへ |
プロフィール

Yumi

Author:Yumi
シドニーから東京に引っ越しました。初めて飼う犬に悪戦苦闘しつつも癒されています。

How old is Kotaro?

カウンター

リンク

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。