FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

輪くぐりペギー

2007.12.22(17:11)
その日は2匹ほど猫に出くわした。パブの近くに出没する三毛猫ではなく、今回はペルシャ猫とトラ猫だった。興味津津のコタロウはクンクンと近づこうとするのだが、猫の方はコタロウを遠くから見つけた瞬間、体をアーチ状に盛り上げ、短足コタロウより大きく見せようとする。先日は三毛猫が猫パンチを繰り出したのだが、運よくコタロウにヒットしなかったが、目に当たるんじゃないかとヒヤヒヤものである。
猫に遭遇。

散歩時間はあまり同じ時間にしてしまうと、その時間になると催促するようになるので、しないほうがいい、と本とかに載ってるのだが、どうしてもコタロウと互角に遊べる犬がいる時間帯に行きたくなるのである。
その丘に待っていたのは…。

それがペギー。実は最初に会ってから、また彼らに会いたいと思った私は、彼らが公園に来る時間帯や曜日を予想していた。エマ吉は「そんなにうまくいかないよ」、なんて笑ってたが、執念の私は簡単に彼らの行動パターンを見破った(てか私たちが不規則に散歩に連れて行ってただけ)。イアンとペギーのコンビが大好きな私は丘の上で彼らが遥か遠い場所からやってくるのをジーっと待つ(ストーカーか)。そして何度か彼らと再会を果たせたのである。

その日は待っても来ないので、諦めて帰ろうとしてたら、ペギーがやってきた。
ペギー姐さんでした。

一眼レフを下げていた私に気づいたイアンはすぐに、「ペギーの得意技を写真に撮るかい?」と言ってくれたので、待ってましたとばかりに写真を撮らせてもらう。
サービス精神旺盛のイアン。


ここからは華麗なるジャンプをご覧ください。


友達の~ワ!(実際は違います。)


一瞬合成で寝ているようにも見えますが、飛んでます。


ペギーとイアン、愛の輪くぐり。


サクっと着地。

その日はこの写真撮影だけで終わったのだが、今週またペギーとイアンに遭遇した。というのは、私たちがしばらく日本に行くため、その前に彼らに会いたかったからである。

相変わらず丘の上で待っていた私はすぐにゴマ粒ほどの大きさの彼らを目ざとく見つけた。今回はペギーとコタロウは思い切り遊ぶことが出来た。イアンは寂しそうに「ペギーの飼い主家族はクリスマス休暇のため数週間ペギーを連れて遠いところに行くんだ。イアンもおいでよって彼らは言ってたけど、結局話は実現しなかったんだよね…。」

52歳のイアンは12年前に奥さんを亡くしたらしい。交通事故で足を引きずるようになってしまったのは、奥さんと関係あるのか分らない。現在は独身寮に住んでいるらしく、小さな娘たちがいる飼い主がなかなかペギーの面倒を見れないため、暇を見つけてはペギーの散歩に連れて行っているらしい。明るくてナイスガイなのに独身なのかな…と思っていたけど、そんなつらい過去があったんだ…と思った。ペギーは彼の心を癒してくれたに違いない。

イアンは大晦日は友達と一緒にシドニーの花火大会に行くらしい。毎年ある大晦日の花火大会に8年くらいもう見に行っていなかったらしい。ペギーとしばらく離れ離れになるだろうけど、年明けにまたすぐに一緒に散歩に行けるはずだから、年末年始を楽しんで欲しいと願わずにいられない。
スポンサーサイト

オーストラリアもろもろと柴犬とシャンプーコタ

2007.12.21(14:51)
遡ること3週間前、その日はいつも行くムーアパークではなく、センテニアルパークに散歩に行った。

ジャカランダの花はオーストラリアに住んでいる日本人にとって桜の花のような存在という。こうやって写真で見ると、全然桜っぽくなくて、むしろ藤の花のように見えるのだが、これが結構大きな木に育ち、10月から11月にかけて(オーストラリアでは春は9月から11月)満開になり、しばらくすると花ごと地上にボトボト絨毯のように落ちてしまう。
ジャカランダの花。

桜のように1枚1枚ハラハラとではなくボトボト落ちるあたり、ダイナミックなオーストラリア大陸ならではと言える(?)だろう。12月の頭になり、毎年撮らなければ撮らなければといつも思いながら撮り損ねていたジャカランダの花を申し訳なさ程度に残っていたので、悔し紛れに撮る。

その木を過ぎるとすぐにビクトリア・バラックスの門に差し掛かる。かつてここはイギリスの植民地時代に兵舎だったらしく、現在はオーストラリア陸軍の施設になっている。何度か通った事はあったのだが、その日はどうしても写真を撮ってセキュリティのおじさんに話しかけたかった。なぜか?
ちょっとしたインタビュー。

↓の動画を見て頂きたい。これはオーストラリアで大人気だった(シーズン2が終わったところ)"The Chaser's War on Everything"の一部である。この番組はチェイサーと呼ばれる番組出演者たちが一般人や政治家、有名人に対してさまざまなドッキリをしかけるというもので、一昔前の電波少年だという人もいる。

このエピソードでは、ギリシャ神話に出てくるトロイの木馬(敵国トルコに人が忍び込んだ木馬を送り、ただの木馬だと思ったトルコは木馬を敷地内に通し、トルコは戦争に敗退したという神話上の話)を現実にやったらどうなるか?という話で、競馬場やテレビ局、シドニー大学の歴史学部、オペラハウス、トルコ領事館、そして最後にビクトリアバラックスがターゲットになったのである。

この動画を見て数日後の事だったので、犬の散歩というそれほど怪しくない(コタロウにロケットランチャーでも背負わせていればさすがにマズイだろうが)状態で話しかけてもOKだろうと思い、エマ吉に話しかけてもらった(私はあくまで傍観者・撮影者)。

このセキュリティのおじさんによると、その日彼は非番だったらしいが、チェイサーは別に彼の仕事中にも来たらしく、ビールを大量に持ち込もうと試みたらしいが、門で止められたらしい。

ちなみにこのチェイサー、今年のAPECの時にカナダからの外交官のフリをして厳重なセキュリティをすり抜け、ブッシュ米国大統領の滞在するホテルのすぐ近くまで来て怖気づいた彼らは車を降り、一人はオサマ・ビンラディンの格好をしていたもんで速攻逮捕され、騒ぎになったりしている。日本のテレビ局がこの番組の放送権を買おうと交渉中らしい。

そんなこんなでセンテニアルパークに着くとすぐに、柴犬を連れた若い女性を発見。これまた興奮した私は「柴犬ですよね??」と話しかける。大抵オージーは陽気で明るい人が多いのだが、ヤマトナデシコのような彼女は「Yes...」とか細い声でうつむき加減で答えた。どっちが日本人でどっちがオーストラリア人なんだと、自分で突っ込んだ私であった。
可憐な女性と柴犬。絵になります。

センテニアルパークには相変わらず様々な犬が集まっていた。
凄まじい肉弾戦にコタロウも素通り。

何度でもしつこくボールを持ってきて遊んで下さいと乞うワンコ。
おねげぇしますだぁ。

コタロウと張るくらいのスマイリーサモエド。
サモエド・スマイル。

大砲が突如公園の中に現れる。その中にちょこんといたのは…。
大砲の中から…。

インディアン・マイナと言ってムクドリの一種で、スズメやカラスよりもよく見かける鳥である。結構肝が据わってるのか、自分より大きな鳥を見てもひるまず喧嘩をしかけたりするヤツである。だからって大砲の中に居座るのはどうかと…。
こんにちは、ちょっとツッパリなインディアン・マイナです。

センテニアルパークをアンザックパレードという大きな道路に抜ける途中で乗馬集団に遭遇。体験乗馬が出来ます。
センテニアル・パークでは乗馬も出来ます。

長めの散歩も終わり、家に帰って久しぶりにシャンプーされるコタさんであった。
笑顔に見えますが、結構テンション下がってます。


もうどうでもいいや、と壊れました。


ぶえっくしょいっと、ちくしょー。

ちょっと遊んでみました~MAGMYPIC

2007.12.19(23:50)
共働きコーギー」さんより面白いサイトを見つけたので、遊んでみました。

FORTUNEはビジネス雑誌ですね。「同情するなら金をくれ!」「まぁ、なんて態度なの、あんたは!」アメリカの大富豪どころか、シドニーで小さくまとまってます。
FORTUNE.jpg


Peopleはゴシップ雑誌。アンジェリーナ・ジョリーと張り合おうなんて思ってませんから。
PEOPLE.jpg


Seventeenはティーン向け雑誌?ティーンどころかまだ3か月ですから。
SEVENTEEN.jpg


TIMEは時事ネタ雑誌。私、断固拒否します。犬権蹂躙なんて反対ですからぁ!
TIME.jpg


PC GAMERはゲーマー雑誌。萌えて下さい。
PCGAMER.jpg


Sports Illustratedはスポーツ雑誌。松坂大輔?野球?クリケットじゃなくって?
SPORTSILLUSTRATED.jpg


National Geographicは自然科学雑誌。ちょうど良い具合に相手犬のプライバシー(?)は保てています。
NATIONALGEO.jpg


MAXIM、これもビジネス雑誌ですかね?「困難は笑顔で乗り切れ!」
MAXIM.jpg


VOGUEはオサレなファッション雑誌。「キャットウォークも出来るわよ!」(おネエ風に)
VOGUE.jpg


GQは男性雑誌。「俺の笑顔に皆メロメロさ。」
GQ.jpg


Rolling Stoneは音楽雑誌っぽいですね。「やっぱ音楽はハードだろ、ロックだろ!でも豚耳は美味いんだぜ。」
ROLLINGSTONE.jpg


COSMOPOLITANは女性雑誌。クランチなしで腹筋を鍛える…。公園走り回って脚力を鍛える方に興味あります。
COSMO.jpg

黒い騎士

2007.12.18(10:11)
そこに現れたのは、コタロウと同じく黒と白の犬なのに、なぜか気品と風格が格段に違う犬だった。
凄味を感じさせます。

犬達は一瞬にして散り散りバラバラになり、彼らなりにどう対処するか考えたのだろう。
一瞬皆さん距離を置きました。

果たしてコタロウは相変わらず追いかけっこする作戦を選んだらしい。黒騎士は見かけによらず、普通の犬だった。
でも意外とアクティブです。

コタロウに対してあられもない姿を取り…
降参しました。

コタロウにすり寄るほど懐いてしまった。
コタロウ兄貴は意気揚揚としてます。

すると、これまたイカツイ顔の犬が現れたのだが…
刺客参上?マンガみたいな構図。

あっという間にお友達に。
すぐに和気あいあいな雰囲気に。

そうこうしているうちにまたまた違う犬が現れ…(すみません、犬種に疎いもんで)
コタロウの二倍以上の背丈…。

気がつくと飼い主泣かせの水たまりの方に向かって行った。
泥浴び…

自分からは水たまりに行かないコタロウも、他の犬に誘われるとホイホイついていく。
泥の跳ね具合が素敵です。

何匹もの犬と遊んで大満足のコタロウであった。
大満足のコタさん。

そんなに嬉しかったのね。

そよ風に吹かれて。

ビーグル夫婦のチームワーク

2007.12.13(10:40)
コタロウは果物が好きである。特にお気に入りなのがオレンジとバナナだ。オレンジを与えるとこの通り、前足で器用に押さえ、歯や舌で果実をきれいに食べてしまい、その上、残った皮はオモチャとして遊ぶ。なんて安上がりな犬なのだ。
隅々までオレンジを堪能します。

そんなコタさんの散歩コースに登場するのが途中の小さな公園にある滑り台。アジリティ(障害物競技)に出したくて仕方ないエマ吉は、滑り台に子供がいないと必ず滑り台に上がる。幸い滑り台に上がるのに階段を上がったりする必要がなく、緩やかな坂になっているので、コタロウも怖がらず滑り台を楽しんでいるようである。多分エマ吉の方が楽しんでいると思うけど。
滑り台もなんのその。

そんなある日、いきつけの公園で出くわしたのが2匹のビーグル。以前も数回見かけた事があるのだが、いつもすれ違う程度だった。今回初交流となる。コタロウはまずメスのビーグルに挨拶をしていくと、嫉妬深い旦那の勘に触ったようで…。
ビーグル夫婦?

旦那に因縁をつけられる。
ワシの嫁に何か用かい?

そして執拗に追いかけられる。
後ろを向く余裕があるコタさん。

嫁さんも参加してタッグを組まれてはどうしようもない。コタロウ撃沈。
さすが夫婦、息が合ってます。

ビーグルはスヌーピーのモデルらしいが、オーストラリアでは麻薬探知犬とかで活躍している。私がパースに旅行した時、空港のバゲージクレーム周辺で小さなビーグル犬がお仕事していた。別にやましいことをしているわけでもないのに、ちょっと緊張してしまった私。もちろん吠えられなかったし、目の前でお座りされませんでした(麻薬があるというサイン)。
貫禄あるスヌーピー。

嫉妬深い旦那から逃げ、嫁さんから笑顔で送られるコタさんが次のターゲットを見つけるのにそう時間はかからなかった―。続く
逃げるコタさんが見たものは…

| ホームへ |
プロフィール

Yumi

Author:Yumi
シドニーから東京に引っ越しました。初めて飼う犬に悪戦苦闘しつつも癒されています。

How old is Kotaro?

カウンター

リンク

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。