FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

草木も眠る丑三つ時…

2008.05.14(11:41)
その夜はいつもより少し暖かった。

ふと目が覚めた私はベッドの中でかすかな音を聞いた。

キュン、キュゥン?、キューン… キャンキャン

?コタロウの寝言にしては変だ。中に入れてくれというオネダリの声でもなさそうだ(注:子犬の頃は部屋で寝かせていたのだが、真夜中にゴソゴソしたりトイレに行きたいとねだるので夜はバルコニーの犬小屋で寝かせる事にした)。無視。

するとまた

キュン、キュゥン?、キューン…

時計を見ると午前2時。朝はまだだぞ、と思いながらバルコニーをのぞくとコタロウがドアの近くで待ってましたという顔。

夜は入れない、吠えない、静かにする約束でしょ!?と無言でひっくり返そうとするも後ろ足で必死に抵抗する。

この野郎、あたしに楯突くなんて100年早いわよ、とお尻をつかんでひっくり返そうとした瞬間、右手首に何かが当たった。

硬い、この感触はまさか…。

暗闇の中、なんとか目が慣れてきた私が見たものは…

フンチョスさんが数珠のように2粒、黒髪で繋がれており、それがコタロウの○門からぶら下がっていたのだ。それが、コタロウを投げようとした瞬間、振り子のごとく私の手首に当たったのだ。

…脱力。一瞬脱腸かと思って心配したぞ。

トイレットペーパーでそれを取り除いてやると、満面の笑みで大喜びして走り回るコタロウ。

その後、コタロウは静かになり眠りについた模様。

たぶんあの「キュン、キュゥン?、キューン… キャンキャン」は訳すとこんな感じだったのだろう―

あのぉ、すみませ~ん、ちょっと助けてくれませんかね…?おぉぉ、気持ち悪い!

そんな事を考えながら、私はなぜか神経が興奮してしまい、なかなか寝付けなかったのである…。

お騒がせしました♪
スポンサーサイト

追加誕生日プレゼント―その1ヵ月後&祖父

2008.05.09(15:29)
コタロウの誕生日から1ヶ月が過ぎ、色々あったがサボってた飼い主です。

誕生日の翌日、散歩に行くとコタロウは公園で遊んでいた子供のおもちゃをかっさらったようである。幸い子供のお父さんは犬に咥えられたオモチャなどもういらないと思ったのか、寛大にもそのクマのぬいぐるみを譲ってくれた。
公園で子供からかっさらったクマさん

その前にちゃんとペットショップでワニのぬいぐるみを買ってあげて、その手に袋を提げていたのにも関わらずである。
これが正式な誕生日プレゼント

ワニの目玉がお茶目(?)なのに、クマさんの方が可愛いのか。バースデーボーイだから何でもして良いという訳ではない。

その他にもコタロウファンでもある実家の父におねだりして新たに首輪セットを送ってもらう。
おねだりして貰った新しい首輪・ハーフチョーク・リード一式セット

早速つけてみる。
このヨダレかけみたいなの何ですか?

その後、イタズラ好きな飼い主によってハム袋(どうやら巨大ハムを保存するための袋らしい)に誘導されたりしていたが…。
ハム袋でうごめくソーセージ犬

数週間後には予想を裏切らずワニのぬいぐるみは執拗にいたぶり続けられ…
真剣な面持ちでがっつくコタロウ

変わり果てたワニでも愛着があるのです

写真?じゃぁ、好きに撮ってよ

ちょっとアンニュイなのはどう?

クマも耳の所をハミハミし続け、綿を取り出しては喜ぶのであった。
あ、クマっちとも撮ってよ

タオル生地が口ざわり良くてイイんですぅ

そんな折、ネットでコタロウの父方の祖父の写真を発見する。
貫禄あります。

はレッド&ホワイトで全然見かけも違っていたが、さすがコタロウは母と祖父さん譲りの風貌だとつくづく思ってしまった。
| ホームへ |
プロフィール

Yumi

Author:Yumi
シドニーから東京に引っ越しました。初めて飼う犬に悪戦苦闘しつつも癒されています。

How old is Kotaro?

カウンター

リンク

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。