スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

Nooooo!!

2008.07.08(12:04)
オーストラリアに移住しようと思ったきっかけの一つに、色とりどりのインコやオウム、ペリカンが街中を普通に飛んでいたというのがある。当時鳥好きだった私は日本のペットショップで60万円で売られているモモイロインコがここでは公園で野生の状態で見られるという事に度肝を抜いていたのである。

モモイロインコより良くみかけるのがコッカトゥー(Cockatoo)という日本名でキバタンと言われているオウムである。真っ白な体に黄色のトサカがあり、グギャー、グギャー!と鳴いていると大抵コッカトゥーである。
公園に普通にいます。

このコッカトゥー、人見知りをしないのか、ただ態度がでかいだけなのか、すぐ近くまで近寄って来る。
すぐ近くまで近寄ってきます。

それどころか手にまで乗ってくる。行く先々の公園でひまわりの種をもらったりして、野性であるものの、半分餌付けされているようなものなのだ。
手なんかにも乗っちゃったりして。

そんなある日、ソファでパソコンをいじっていると、グギャー、グギャーという声が。えらい近くで聞こえるなぁ、と思ってふと窓を見ると、バルコニーにこのコッカトゥーがとまっていて黄色いトサカを逆立てているではないか!

恐らく飼っているボタンインコに興味を惹かれてやってきたのかもしれない。

これはすごい!興奮した私は早速カメラを手にしようとした瞬間、すぐ隣で寝ていたコタロウが目を覚まし、ものすごい勢いで窓の近くに駆け出し、吠えて追い払ってしまった。

…。あまりものショックでコタロウを叱ってしまったが、コタロウは「仕事をしただけ」なのだ。バルコニーには様々な種類の鳥が遊びに来る。ハトやカラスだと糞をされて困るので、コタロウが見つけ次第追い払ってくれていたのだ。そんなコタロウにコッカトゥーとハトやカラスの区別をつけろ、というのは至難の業だろう。
仕事をしたまでです。

そんな折、共働きコーギーさんが教えてくれた相性診断を思い出した。コタロウと私の相性は98%だったのだ(ちなみにエマ吉は85%。案の定エマ吉はIQテストの事を持ち出す)。
相性98%だってさ。

コタロウさん、いつも一緒にいるんだから、たまにはよそ見させて…なんて言いません。
トサカ野郎の事なんか忘れちゃいな。
スポンサーサイト

<<やっと撮れた! | ホームへ | 気がつけば…1周年>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kotarocorgi.blog26.fc2.com/tb.php/21-adf28ecb
| ホームへ |
プロフィール

Yumi

Author:Yumi
シドニーから東京に引っ越しました。初めて飼う犬に悪戦苦闘しつつも癒されています。

How old is Kotaro?

カウンター

リンク

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。