スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

スタッフィーとマッチョマン

2007.11.13(22:02)
どうやらコタロウはスタッフィーとマッチョマンにモテるようだ。

今日は近くの公園に行ったらまたスタッフィーに出会った。一瞬ペギーかと思ったのだが、そうではなさそうだ。その前にプードルとコッカースパニエルのMix犬と挨拶したのだが、フレンドリーな飼い主カップルと違ってシャイなようで、近づいては逃げ、近づいては逃げる。

コタロウはプードル犬がお好きなようで、よく遊ぼうとするのだが相手に嫌われるか振られる場合が多い。

そうこうしているうちに別の方向からさっきのスタッフィーが近付いてきたのだ。ウヘッウヘッと笑いながら(?)まず私に近付いて来たかと思いきや、コタロウを見るやゴングが容赦なく鳴ったようであった。

グルグル追いかけっこしてるかと思えば、取っ組み合いのプロレスに突入。ひっくり返したりひっくり返されたり、だんだんムキになって首根っこをくわえたり。コタロウも最初の頃はエネルギー発散できるわ、と大喜びだったのが、だんだんスタッフィーのスタミナに押され気味でヘトヘトに。スタッフィーはしつこく遊びたいようだったが、この辺で退散することにした。

リードをつけようと首元を見たら、赤い色がコタロウの首元にうっすらついてあったので、「怪我した!?」とひやっとしたが、どうやら相手方の歯茎から出血したのがついたらしい。そ、そんなにムキなって遊ばなくても…。

その後、スーパーマーケットに食料品を買いに行く用事があったので、エマ吉はスーパーに、私はコタロウと入口で待つことにした。

セキュリティのおじさんが犬好きなのか、ニコニコしながら寄ってくる。かと思ったら、若いカップルが前を通ったかと思いきや、男性の方がコタロウ目がけてやってきた。そのマッチョな彼は「ハロ~、コーギ~♪ちょっとこの笑顔見てみろよ~」(ちょっとオクターブ高めで発音して下さい)と言いながらずーっとコタロウをなでまわす。彼はハンバーガーセットの入った紙袋を持っているので、コタロウが飛びつくのをヒヤヒヤしながら私はコントロールしていたのだが、そんなの全く気にしない様子。隣にいたブロンドの彼女は「犬に出くわすたびにこれなのよ…」と呆れたようにつぶやく。

セキュリティのおじさんは嬉しそうに眺め、マッチョ君はしつこくしつこくなでまわす。彼女は「あー、もう早くしてよぉ」オーラを出し、私は苦笑い。マッチョ君はコタロウの名前をネームタグで探ると「コタロウかぁ~♪」と言うので「えぇ、日本の名前です。」と返す。やっと満足したのか、マッチョ君は「バイバイ、コタロウ~♪」と満面の笑みで彼女と去って行った。

コタロウがまだ3か月を過ぎた頃、予防接種が終わってまだ地面を歩かせる事が出来ないのでトートバッグに入れて週末のフリーマーケットに行った時、私はその場に居合わせなかったのだが、エマ吉がコタロウをトートバッグに入れて歩いていたら、バイキー(バイキー・ギャング)のオヤジがコタロウを見て、「おうおうおう、可愛いじゃねぇか~♪」とコタロウをこれまたしつこくなで回してたらしく、隣にいた彼女が呆れてたらしい。

いかつく強そうな面々に好かれるコタロウ、恐るべし。

マニアックなファンに捧げます。
スポンサーサイト

<<コタロウのお気に入り~おもちゃ編 | ホームへ | イアンとペギー>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kotarocorgi.blog26.fc2.com/tb.php/3-f062af6d
| ホームへ |
プロフィール

Yumi

Author:Yumi
シドニーから東京に引っ越しました。初めて飼う犬に悪戦苦闘しつつも癒されています。

How old is Kotaro?

カウンター

リンク

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。